ニュースリリース

このコンテンツは現在作成中です。しばらくお待ちください。

現場からの声

難民コミュニティとの地域社会の構築に向けてー名古屋のロヒンギャを手掛かりに 報告書

「難民コミュニティとの地域社会の構築に向けてー名古屋のロヒンギャを手掛かりに」というテーマで調査事業を実施し、報告書にまとめました。
報告書はこちらからご覧いただけます。
この調査は、トヨタ財団の助成を受け実施しました。

「難民通訳マニュアル」を作成しました

名古屋難民支援室で、「難民通訳マニュアル」を作成しました。
こちらからご覧いただけます。
このマニュアル作成の背景としては、難民審査の場面において、通訳の質が難民性の評価に影響することがある、ということがあります。
難民認定を所管する入管では、当団体が把握している限り、難民事案と一般入管事案で同じ通訳者リストから通訳を使っており、難民事案の専門性をもった通訳はほぼおらず、研修もされていません。
さらに、難民事案の通訳は、難民申請者が同じ出身国の者を怖がることがあることから、同国人を可能な限り避けるため、難民申請者の第一言語の通訳を使えないこともあります。
ところが、難民審査のインタビューには、弁護士でさえ立会いが認められておらず、難民申請者からインタビュー後に通訳についての不満や不安を伝えられても、通訳の質について確認するすべはありません。
そして、供述に齟齬があるとして難民不認定とされた後に初めて開示される調書を読んで、「そんなことは言ってない。」と訴える難民申請者が相当数でているのが現状です。
日本の難民認定率の低さも、こうした通訳に関する問題が関係していると考えています。
そこで、難民への法律支援に関わる通訳者や、将来的には入管での審査でも通用するマニュアルを作成しました。
なお、この「難民通訳マニュアル」は一般財団法人大竹財団の助成を受けて作成しました。

Notice of response to the new coronavirus, COVID-19

Following the  COVID-19 pandemic, for the time being, we DAN (Door to Asylum Nagoya) would like to take the following policies:
1. To contact DAN, please call, e-mail or send us messages first. 
2. If you want to visit DAN's office, please make an appointment in advance.
3. To those with symptoms of COVID-19 including fever and coughing, please refrain from visiting our office. However, if you need any help, please don't hesitate to contact us.
Thank you for your kind understanding and cooperation.

新型コロナウイルス感染拡大に伴う当室対応に関するお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、当面の間、当室の対応を下記のとおりとさせていただきます。
1. ご用件については、まず電話ないし電子メールで内容をお伝え下さい。
2. 当室にご訪問を希望される方は、予約を取ってからご訪問下さい。
3. 発熱や咳等の感染症症状がある場合は、ご訪問をお控え下さい。
ご理解とご協力いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

難民の方にマスクや社会保険に関する資料をお送りしました

新型コロナウイルス感染症の影響が続く中、日本で暮らす難民の方々に、日本の保険制度についての資料’Social Insurance in Japan’、感染対策のためのマスク及び石鹸、シャンプーを個別送付しました。
Facebookページもご覧ください。
日本の保険制度についての資料は、当団体の協力団体であるNPO法人外国人医療センター(MICA)が作成した「知って得する日本の保険 ’Everything You Need to Know about Social Insurance in Japan’」の一部(健康保険、雇用保険・失業保険、労働災害補償保険・労災保険、年金保険等)を抜粋し、加筆・修正を加えたものです。「Withコロナ」の時代に、保険制度を利用することで、全国の難民認定者、難民申請者が少しでも安心して生活できることを願い送付しました。この資料は、今後も全国の難民認定者、難民申請者や外国人のために活用していきます。
名古屋難民支援室は、本プロジェクトを行うに当たり、ファイザー株式会社の助成を受けました。さらに石鹸、シャンプーについてはラッシュジャパンからの提供を受けました。

年間報告

            

2020年度報告

2020年度事業報告書(pdf:289KB)


2020年度財産目録(pdf:63KB)


2020年度活動計算書(pdf:84KB)


2020年度貸借対照表(pdf:50KB)


            

2019年度報告

2019年度事業報告書(pdf:452KB)


2019年度財産目録(pdf:63KB)


2019年度活動計算書(pdf:83KB)


2019年度貸借対照表(pdf:52KB)


            

2018年度報告

2018年度事業報告書(pdf:477KB)


2018年度財産目録(pdf:64KB)


2018年度活動計算書(pdf:82KB)


2018年度貸借対照表(pdf:52KB)


            

2017年度報告

2017年度事業報告書(pdf:391KB)


2017年度財産目録(pdf:61KB)


2017年度活動計算書(pdf:81KB)


2017年度貸借対照表(pdf:53KB)


            

2016年度報告

2016年度事業報告書(pdf:392KB)


2016年度財産目録(pdf:71KB)


2016年度活動計算書(pdf:92KB)


2016年度貸借対照表(pdf:61KB)


2015年度報告

2015年度事業報告書(pdf:332KB)


2015年度財産目録(pdf:61KB)


2015年度活動計算書(pdf:82KB)


2015年度貸借対照表(pdf:53KB)


2014年度報告

2014年度事業報告書(pdf:327KB)


2014年度財産目録(pdf:58KB)


2014年度活動計算書(pdf:79KB)


2014年度貸借対照表(pdf:53KB)


2013年度報告

2013年度事業報告書(pdf:283KB)


2013年度財産目録(pdf:65KB)


2013年度活動計算書(pdf:90KB)


2013年度貸借対照表(pdf:67KB)


2012年度報告

2012年度事業報告書(pdf:259KB)


2012年度財産目録(pdf:47KB)


2012年度活動計算書(pdf:80KB)


2012年度貸借対照表(pdf:45KB)


お問い合わせ

特定非営利活動法人

名古屋難民支援室

Door to Asylum Nagoya (DAN)

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内2-1-30
丸の内オフィスフォーラム 601

TEL : 070-5444-1725
FAX : 052-308-5073
E-Mail : info@door-to-asylum.jp